2018/02/14

【閲覧注意】母が首を吊った。その後祖父母に育てられたが、折檻と言葉の暴力に晒されながら、いつしか祖母は母似の俺に化粧をさせるようになり・・・

676: 名無しさん@おーぷん 2015/07/19 02:31:33 ID:PCI

胸糞な上に人が二人死んでいる話。閲覧注意。
施設に引き取られるまでが俺にとっては修羅場と言うよりも地獄だった。

おすすめ注目 記事

スポンサードリンク
プロパンガスをお得に まちガス
まだ児相とか、虐待という言葉が世間にあまり知られていなかった頃のことだ。

物心つく前、母親が目の前で首を吊って死んだ。
半日以上俺はぶら下がった母と一緒に過ごしていた。
俺自身は覚えていない。
多分、ショックが強すぎて覚えていられなかったんだと思う。
詳しくは知らないが、母親は既婚の男性と不倫の末に俺を産んだ。
相手の男は認知すらせず、俺を産んでから母は精神的におかしくなったそうだ。
母が亡くなった後は祖父母に育てられた。
母を孕ませて逃げた男に対する恨みを聞かされて育った。
祖父母の父親に対する憎悪は、そのうち俺自身に向けられるようになった。
小学生になる頃には祖父母の折檻と言葉の暴力に晒された。
何故か女装を強要され、家の中ではいつもスカートを穿くように命じられた。
逆らうと殴られるから従っていた。
殴られることも辛かったが、それ以上に辛かったのが、母が死んだ時の状況を俺に詳細に教えてくることだった。
真夏の暑い日にカーテンも何もかも締め切った部屋で母は首を吊った。
そのとき俺は3歳で、目の前で母が死んでいく姿をどう捉えたのかはわからない。そのときのことをいくら思い出そうとしても何も思い出せないから。
それを何度も何度も祖父母は俺に教えた。
母が死んだ光景の描写は胸糞が過ぎるので割愛するが、祖父母に言わせると俺は「人殺し」で「実の母親を見殺しにした鬼畜」だ。
「お前のせいで○○(母の名)は死んだ」が口癖だった。
そのうち祖母は俺に化粧をするようになった。
学校にも殆ど通わせてもらえなくなった。
写真でも見たが、子供の頃の俺の顔は母親に似ていた。
それは俺が5年生のときに祖母を階段から突き落としてしまうまで続いた。
祖父母宅は二階建ての古い木造の家だった。
5年生になれば力も強くなってくる。いつものように言葉の暴力と折檻を受けていた俺は、弾みで祖母を突き飛ばしてしまった。
祖母は死んだ。
母親が死んだ姿は覚えていないのに、祖母の死んだ姿は今でもはっきりと覚えている。
結局、それが原因で俺は施設に送られることになった。
祖母が死んだ時、俺はワンピースを着ていた。身体中に殴られた痕が残っていたことから日常的に虐待を受けていたと判断され、誰も俺を人殺しと責めなかった。
罪にも問われなかった。
皮肉だが本当に人を殺した後に人殺しとは呼ばれずに済むようになった。
それ以来祖父には会っていない。
誰も幸せになれない胸糞な話だが、吐き出したかった。
もしここまで読んでくれた人がいて、不愉快になったのならすまない。

680: 名無しさん@おーぷん 2015/07/19 10:02:48 ID:CDK
>>676
あなたは何も悪くないよ
あなたは生きてていいんだよ

あなたには幸せになる権利がある
690: 名無しさん@おーぷん 2015/07/19 23:45:35 ID:CWG
>>676
私は母になって、自分が安心して子育てできる環境に恵まれていることが奇跡的なことだと、心から感謝してる。
精神的にヤワだから、もしあなたの母や祖父母のように大切な人を失っても弱い立場にある子供をしっかり育てあげられる、と言い切る自信はない
でも、つわりのとき、胎動を感じたとき、陣痛の苦しみのとき、一時間に一度起きてオムツ替えと授乳のとき、子供が一番大切に思えた
でないと乗り切れなかった
もし自分がおかしくなって子に危害を加えるようなことがあっても、今は子供の幸せを切に願ってる
何度かは誰かに大切に思われたから今あなたは生きてると思うよ
あなたにとって大切な人やモノが見つかりますように
関連記事
スポンサードリンク
new_releases最新ピックアップ 記事
スポンサードリンク

コメント